.

来院予約 初めての方へ
  • MT-MPSで徹底治療
  • みずぽっと体操
  • 先生紹介
  • 患者様の声

初めて接骨院へ来られる方が知りたいアレコレ。

接骨院と整骨院があるけど何が違うの?

「接骨院」が正式名称とされていますが、最近では「整骨院」という屋号を掲げるところの方が多いです。しかし、どちらも呼び名が違うだけで業務内容に変わりはありません。

当院は、柔道整復師本来の業務である「ほねつぎ(骨接ぎ)」の精神を忘れないために、接骨院という名称を使用しています。


接骨院の先生になるには資格が必要です。

接骨院の先生になるには資格が必要です。 接骨院の先生になるためには、柔道整復師という国家資格が必要です。

厚生労働省が定める規定のカリキュラム(解剖学や生理学などの専門科目や実技など)を3年以上かけて学び、なおかつ国家試験に合格することが必要です。

業務内容は、骨折や脱臼の応急処置・捻挫・打撲・挫傷への施術です。
また、原因がはっきりしているケガについては健康保険の取扱いが認められています。

整体やカイロとは何が違うの?

じゃあカイロプラクティックや整体とはどう違うの?と思う方もいるかもしれません。
最近では、接骨院でも施術に整体やカイロプラクティックを用いているところも増えてきていますので、施術方法に関しては違いがなくなってきているのが現状です。

しかし、接骨院には必ず柔道整復師という国家資格を所持している施術者がおり、最低限国家試験をクリアするだけの知識を持った者がいるというのは、治療院を選択する上でひとつの参考基準になります。そこが必ずしも国家資格が必要でないカイロプラクティック院や整体院との大きな違いです。

ただ誤解しないでいただきたいのは、国家資格がないからといって整体院やカイロプラクティック院がよくないというわけではありませんし、国家資格があるから接骨院が優れているとも思いません。

私の尊敬する先生方の中には、国家資格を持たずにカイロプラクティックや整体を生業とされている先生も多くおられます。
反対に、国家資格を取ってから全く勉強や技術の研鑽をしない先生がいるのも事実です。


失敗しない接骨院の選び方

「じゃあ柔道整復師の資格を持っている人がいるという以外に接骨院を選ぶ基準はないの?」と思われた方もいるでしょう。

そこで「失敗しない接骨院の見分け方」についてお話させていただきます。
※あくまで当院の考え方ですので、これが必ず正しいというものでありません。

1.健康保険の使い方をきちんと説明してくれる
私が正しい接骨院選びで一番重要視しているのがこのポイントです。
今日接骨院の不正請求がニュースを賑わせているのをご存知の方も多いのではないでしょうか。

接骨院で健康保険が使用できるのは、「急性または亜急性の、骨折・脱臼の応急処置(医師の同意があればその後の施術も可能)・捻挫・打撲・挫傷」のみです。
読めば分かる!接骨院で保険が使える,使えないケース

しかし、最近は慢性的な肩こりや腰痛、仕事でのケガなどで健康保険が使えてしまう接骨院があります。
どんなに素晴らしい治療技術を持っていたとしても、そのような接骨院を私がおススメすることはございません。
なぜなら「不正をしているから」です。

電話で「昔から肩こりがひどいんですけど保険は使えますか?」と聞いてみてください。
言い方に多少の違いはあれど、正しく健康保険を取り扱っている接骨院は「申し訳ございません、肩こりは保険適用外になりますので、実費施術でしっかりと施術させていただきます。」と返ってくると思います。

逆に「肩こりだと思っていても筋肉を損傷している場合もありますので、一度ご来院いただき詳しくお話を聞かせてください。」という接骨院もあります。一見親切なように見えますが、保険適用外の症状に対して不正に健康保険を使用している可能性があります。万が一筋肉を傷めてたとしても、昔からの症状であったり原因が分からないものであれば健康保険は適用されないのです。

肩こりでも何でも健康保険を使って施術してくれるところが親切なのではありません。
健康保険の正しい使い方を説明してくれる接骨院こそ、本当に親切な接骨院なのです。

2.有資格者が施術をしている
接骨院では柔道整復師の資格を持った者のみ施術をすることが認められています。
しかし、中には学生や無資格者に施術の全てを任せている接骨院もあります。

院内の見える場所に柔道整復師免許を掲示することが義務付けられていますので、一度確認してみてください。
もしなければ、資格を持っているかどうかを聞いてみるといいでしょう。