.

来院予約 初めての方へ
  • MT-MPSで徹底治療
  • みずぽっと体操
  • 先生紹介
  • 患者様の声

読めば分かる!接骨院で保険が使える,使えないケース

健康保険を使うためにはルールがあります。

柔道整復師(接骨院・整骨院の先生)は健康保険の取り扱いが認められています。ただし、「骨折・脱臼の応急処置(医師の同意があればその後の施術も可能)・打撲・捻挫・挫傷」といった急性または亜急性の外傷(ケガ)のみ適用されます。

健康保険が使えるケース

・子どもを抱き上げようとした際に腰を痛めた。
・寝違えて首が痛い。
・段差を踏み外して足首を捻った。
・走り出した際に急に太ももに痛みが走った。
・転倒した際に膝をぶつけた。
・上にある物を取ろうと腕を挙げた際に肩を捻った。
・スポーツでのケガ

以上はあくまで一例ですが、「いつ」「どこで」「どのようにして痛めたか」の明確な原因がある場合にのみに限られます。

健康保険が使えないケース

・原因不明の症状
・職場、または通勤途中でのケガ(労災保険の適用になります)
・スポーツや日常生活における疲労に対する施術
・慢性的な肩こりや腰痛、その他筋肉や関節の痛み
・ケガが治った後の漫然とした施術
・マッサージ代わりの利用
・同じケガで同じ時期に併行して病院や他の接骨院で治療を受けている場合
・四十肩・五十肩
・内科疾患から来る痛み

どうでしょう?
思った以上に使えないケースは多いと感じませんか?

ひょっとしたら上記に該当する症状で接骨院に通院している方もいるのではないでしょうか。
残念ながら、それは接骨院側が健康保険が使えない症状に対して不正に健康保険を使っている可能性が高いです。

当院では「前に行っていた接骨院では保険が使えたのに、何でここは使えないんですか」と言われるケースが非常に多いです。
そういう方は前に通っていた接骨院できちんと説明を受けていないことがほとんどで、接骨院は何でも保険が使えると勘違いされています。

これはきちんと説明をしなかった接骨院側の落ち度であり、患者様には何の責任もありません。
しかし、前の接骨院で保険が使えていたとしても、当院では保険が使えない症状に対して保険を使うことは絶対にございません。

その点をご理解いただきますようお願い申し上げます。