head_img head_img

information

アクセス
メールボタン
お問い合わせボタン

ホーム > テニス肘(外側上顆炎)

テニス肘(外側上顆炎)

テニスをしていてボールを打つときに肘の外側が痛む。
テニスをしていないのに病院で診断された。
テニス肘用のサポーターを付けて騙しだましやっている。
ストレッチをしているが、あまり効果が感じられない。

 


 

テニス肘の原因は?

テニス肘には、バックハンドストロークで発生するバックハンドテニス肘と、フォアハンドストロークで発生するフォアハンドテニス肘があります。

ここでは一般的にテニス肘と呼ばれるバックハンドテニス肘について解説します。
バックハンドテニス肘の正式名称は上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)といいます。テニスをする際、バックハンドストロークのたびに肘の外側に痛みが出現します。

日常生活では、物をつかんで持ち上げる動作や雑巾をしぼる動作、ドアノブを回す動作で肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。


 

当院のテニス肘に対する施術

当院では、肘だけではなく、肘に負担をかけている部分からアプローチしていきます。また、再発予防の身体の使い方やセルフケアもお伝えしています。

 

 

 


 

メニュー料金

Webキャンペーン割引

LINE予約

 

整体院ウメチャンホンポまでのアクセス

院名 整体院ウメチャンホンポ
院長 橋本 文貴
住所 〒520-3022
滋賀県栗東市上鈎607-1 アレグリーアⅡ201
電話番号 0120-546-788
施術内容 慢性腰痛・坐骨神経痛専門

 

地図


電話番号 0120-546-788

LINE予約

お問い合わせボタン

 

 

PageTop