head_img head_img

information

アクセス
メールボタン
お問い合わせボタン

ホーム > シンスプリント

シンスプリント

走っているとすねの内側が痛む。
すねの内側を押すと痛い。
体重がかかると痛む。
安静にしていると痛みはおさまる。
ストレッチやアイシングをしているが、なかなかよくならない。

 


 

シンスプリントとは?

シンスプリントとは、脛骨過労性骨膜炎ともいい、下腿(膝から下)の内側下1/3に痛みが起こる症状のことをいいます。オーバーユース(使いすぎ)症候群のひとつであり、繰り返しランニングやジャンプを行った場合に発症しやすい障害です。

シンスプリントが起こりやすい部位には,足首や足の指を動かすための筋肉が付着しています。その筋肉がオーバーユースにより硬く緊張した結果、筋肉が付着している骨膜(こつまく)を引っ張り、炎症が起こります。

またこの部分は疲労骨折が起こりやすい部分でもあるため、一点に集中するような痛みがある場合は疲労骨折を疑います。


 

シンスプリントの原因は?

栄養不足
運動量や質の急激な変化
硬い路面
薄く硬いシューズ
回内足、扁平足などの障害の発生しやすい足の形
ふくらはぎの筋肉の柔軟性低下
足首の関節可動域制限


 

当院のシンスプリントに対する施術

まずは、疲労骨折の疑いがないかを調べます。シンスプリントと疲労骨折では対処法が変わってくるためです。

シンスプリントだと思っていたら疲労骨折だったということはよくあることですので、必要があれば整形外科の受診をご提案しています。

検査の結果疲労骨折がなければ、積極的に施術を行っていきます。主な施術内容は下記の通りです。

 

栄養状態の改善

え?栄養状態がシンスプリントに関係あるの?とお思いの方もおられるかもしれませんが、当院ではむしろ栄養状態の改善が最重要課題だと考えています。その詳しい内容に関しては実際にご来院いただいた際にお話させていただきます。

 

物理療法

電気?超音波?病院や他の治療院でもやったことあるけど効果なかったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

確かに一般的には電気や超音波等の物理療法は、その場だけであまり効果がないものと思われがちです。しかし、物理療法はきちんと使えば優れた効果を発揮します。当院では様々な物理療法を用い、痛みの早期改善を目指します。

 

整復

筋肉が硬くなる原因の一つに、その筋肉がまたいでいる関節の位置が悪いために筋肉の走行が乱れてしまうことが挙げられます。関節の位置を正しい位置に復することで、筋肉の走行が正常に戻り、筋肉の柔軟性も回復します。

 

セルフケア指導

痛みが出たら治療院に行くのではなく、痛みが出ないように自分の身体をケアできるのが理想です。
当院では、誰でも簡単にできる身体に優しいセルフケアをご提案しています。

 


 

メニュー料金

Webキャンペーン割引

LINE予約

 

整体院ウメチャンホンポまでのアクセス

院名 整体院ウメチャンホンポ
院長 橋本 文貴
住所 〒520-3022
滋賀県栗東市上鈎607-1 アレグリーアⅡ201
電話番号 0120-546-788
施術内容 慢性腰痛・坐骨神経痛専門

 

地図


電話番号 0120-546-788

LINE予約

お問い合わせボタン

 

 

PageTop