head_img head_img

information

アクセス
メールボタン
お問い合わせボタン

ホーム > 足底腱膜炎

足底腱膜炎

 朝の寝起きの一歩目が痛む。
 立ち上がろうとしたときに痛む。
歩いていると踵周辺が痛くなってくる。
 踵が痛くてスポーツの練習ができない。

 


足底腱膜炎とは?

足の裏は、足底腱膜(足底筋膜)という膜に覆われています。足底腱膜炎(足底筋膜炎)は、その足底腱膜に繰り返し牽引力(ひっぱられる力)が加わり、炎症が起こる症状です。踵の前あたりに痛みが出ることが多く、主に40~50歳代以上で発生します。

また、使いすぎ(オーバーユース)によって起こることが多いため、マラソンなどの持続的に負荷のかかるスポーツをしている方にも多くみられます。


足底腱膜炎の原因は?

関節の位置異常
筋肉の柔軟性の低下
オーバーワーク


当院の足底腱膜炎に対する施術

足底腱膜炎は、どうしても痛む踵ばかりを気にしてしまいがちです。しかし、患部はあくまでも結果であり、患部に負担のかかる原因が他にあることがほとんどです。

当院では、何が原因となって患部に負担がかかっているのかを検査によって把握し、その原因を解消するための施術を行っていきます。

主な施術内容は以下の通りです。

物理療法

電気?超音波?病院や他の治療院でもやったことあるけど効果なかったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

確かに一般的には電気や超音波等の物理療法は、その場だけであまり効果がないものと思われがちです。しかし、物理療法はきちんと使えば優れた効果を発揮します。当院では様々な物理療法を用い、痛みの早期改善を目指します。

整復

筋肉が硬くなる原因の一つに、その筋肉がまたいでいる関節の位置が悪いために筋肉の走行が乱れてしまうことが挙げられます。関節の位置を正しい位置に復することで、筋肉の走行が正常に戻り、筋肉の柔軟性も回復します。

セルフケア指導

痛みが出たら治療院に行くのではなく、痛みが出ないように自分の身体をケアできるのが理想です。
当院では、誰でも簡単にできる身体に優しいセルフケアをご提案しています。


 

 

院名 りっとう手原接骨院
院長 橋本 文貴
住所 〒520-3015
滋賀県栗東市安養寺7-1-25 ウインドワードTビル 1-A
電話番号 0120-546-788
施術内容 慢性腰痛・坐骨神経痛専門

 


 

 

メニュー料金

Webキャンペーン割引

 

りっとう手原接骨院までのアクセス

院名 りっとう手原接骨院
院長 橋本 文貴
住所 〒520-3015
滋賀県栗東市安養寺7-1-25 ウインドワードTビル 1-A
電話番号 0120-546-788
施術内容 慢性腰痛・坐骨神経痛専門

地図


電話番号 0120-546-788

LINE予約

お問い合わせボタン



PageTop