.

来院予約 初めての方へ
  • MT-MPSで徹底治療
  • みずぽっと体操
  • 先生紹介
  • 患者様の声

メインビジュアル07-野球肩

野球肩とはどういう痛みなのか?

野球肩とは、滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、神経障害、腱板損傷、インピンジメント症候群、上腕骨骨端線障害(リトルリーグ肩)などの投球動作によって引き起こされる、さまざまな肩関節障害の総称です。

投球、投てき、アタック、スマッシュ、水かき動作などの繰り返しで肩に運動痛が現れ、やがて安静時痛や不安感を来すようになります。

野球肩はどんな時に発症しますか?

投球フォームの不良、そのフォームでの投球過多などにより、肩関節に負荷がかかり発症します。肩関節前方の緩みや、筋肉、後方の関節包の硬さが原因で発症すると考えられています。

野球肩改善の為の治療方法

6
肩・肘の痛みは、痛みを我慢してプレーを続けていてもよくなることはありません。

関節そのものの痛みだと思っていても、その関節周辺の筋肉の状態が悪くなって痛みが引き起こされているケースは少なくありません。

当院では、MT-MPSで痛みの原因となっている筋肉の状態を改善させ、再発防止のために身体の使い方を指導しています。