.

来院予約 初めての方へ
  • MT-MPSで徹底治療
  • みずぽっと体操
  • 先生紹介
  • 患者様の声

jumpers nee

ジャンパーズニーの症状について

ジャンパーズニー(膝蓋靭帯炎)になると、多くの場合、膝蓋骨(膝のお皿)のすぐ下あたりに痛みと腫れが見られます。

初期は膝蓋骨の下に違和感を感じる程度ですが、徐々に走ったりジャンプした時に痛みを感じるようになります。

症状が慢性化・重症化してくると、少し歩いたり、触っただけでも痛みを感じ、何もしない時でも痛みが生じるようになります。

ジャンパーズニーはどんな人がなりやすいのか

ジャンパーズニーは、膝の使いすぎ(オーバーユース)によって起きるスポーツ障害の一つで、「膝蓋靭帯炎」、「ジャンパー膝」などとも呼ばれます。

その名の通り、跳躍競技や、サッカーなどのボールを蹴るスポーツ、ダッシュを頻繁に行うスポーツに多く発生します。

また、ランニングを多く行う競技でも発症します。10~20歳くらいの年齢に多く、特に骨の成長が一段落する高校生以降の男子、背の高い人などによく見られます。

これは、成長期において骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉が硬いために膝の柔軟性が落ちて衝撃の吸収力が低下するためです。

ジャンパーズニーへの当院の施術方法

膝の痛みの多くが、オーバーユース(使いすぎ)によって引き起こされます。

痛みのある状態でスポーツを続けると、重症化してしまい、痛みが長く続くことも考えられます。痛みがあれば、無理をせずにまずは治療を受けましょう。

当院では、MT-MPSで痛みの原因となっている筋肉の状態を改善させ、再発防止のために身体の使い方を指導しています。