.

来院予約 初めての方へ
  • MT-MPSで徹底治療
  • みずぽっと体操
  • 先生紹介
  • 患者様の声

gaikeikotsu

有痛性外脛骨とは?

外脛骨(がいけいこつ)は、足部にできる過剰骨(本来なら存在しない余分な骨)の中で最も頻度が高いものです。

一般人の約15%前後にみられ、女性に多く発生し、そのほとんどが両側性です。通常は痛みを伴いませんが、発症すると内くるぶしの前下方に硬い突起物が触れるようになり、そこを押さえると強く痛みます(有痛性となる)。

また、スポーツ活動中や活動の後に、内くるぶしの前下方に痛みを自覚するようになります。

激しい痛みになることは少ないですが、スポーツ活動に支障をきたす場合もあります。スポーツをしている10~15歳の思春期に発症することが多い障害ですが、成人になって痛みが発症することも少なくありません。

有痛性外脛骨になる原因

靴による圧迫や、急激な運動負荷、捻挫などの外傷を契機に発症することがあります。

これにより後脛骨筋(こうけいこつきん)腱による外脛骨への牽引力が加わり、同部に痛みが発生します。稀に明らかな原因がなく痛みが生じることもあります。

当院の施術方法

3 病院での一般的な治療としては、インソールを処方され、安静を指示されることが多いです。

もちろん安静にすることやインソールも大事なのですが、当院では「なぜ有痛性になったのか?」を考えます。